横浜にぎわい座は、落語、漫才、大道芸などの大衆芸能の専門館です。

文字サイズ

閉じる

Home > トピックス > 「名作落語の夕べ」特集ページ ※8/9NEW!

トピックス

「名作落語の夕べ」特集ページ ※8/9NEW!

毎月第一土曜の夜は「名作落語の夕べ」と題し、真打4人による古典落語の名作四席をたっぷりお楽しみいただく公演を開催しています。

2017年度から、毎回企画性のある公演を行っています。前売り開始も一ヶ月早まり、入場料も改定しました。

このページでは次回公演のみどころ、終了した公演内容を掲載します。

公演スケジュール

開演18:00(開場17:30) 全席指定 3,100円 ※各公演2ヶ月前の1日より発売開始

2017年4月1日(土)  第百七十五回 人気二ツ目抜擢出演 ※終了
2017年5月6日(土)  第百七十六回 開場15周年 玉置初代館長リスペクト公演 リクエスト落語会 ※終了
2017年6月3日(土)  第百七十七回 夏の名作特集 ※終了
2017年7月1日(土)  第百七十八回 江戸落語、上方落語聴き比べ<江戸編> ※終了
2017年8月5日(土)  第百七十九回 三遊亭圓朝作品特集  ※終了
2017年9月2日(土)  第百八十回  リレー落語
2017年10月7日(土) 第百八十一回 人気二ツ目抜擢出演
2017年11月4日(土) 第百八十二回 古典となった創作落語特集
2017年12月2日(土) 第百八十三回 暮れの名作特集
2018年1月6日(土)  第百八十四回 歌う落語特集
2018年2月3日(土)  第百八十五回 芝居噺や三味線入りの演目をトリネタで
2018年3月3日(土)  第百八十六回 春の名作特集

次回公演のみどころ

2017年9月2日(土)  第百八十回  リレー落語
「茶の湯」三笑亭夢丸、瀧川鯉橋がリレーでつとめます 《お仲入り》 「三人旅」柳家さん助、柳亭左龍がリレーでつとめます
※二席とも、リレーの順番は当日のお楽しみ!
「茶の湯」暇を持て余した隠居がいい加減な知識で茶の湯を始めることに…。騒動が大きくなっていく模様をリレーで演じます。二人の芸のおもむきの違いをお楽しみください。「三人旅」」東海道を旅する三人が各地で巻き起こす騒ぎを描いた長編です。普段は一度に聴くことのできない二場面をリレーでお楽しみください。

終了した公演内容

●2017年4月1日(土)  第百七十五回 人気二ツ目抜擢出演
三遊亭萬橘「代脈」 桂文治「親子酒」《お仲入り》 柳亭小痴楽「幇間腹」 入船亭扇遊「花見の仇討ち」 ※出演順

五代目圓楽一門会から三遊亭萬橘、二ツ目抜擢で柳亭小痴楽が初出演という新たな試みが功を奏し、演者四人による見事なリレーがきわだった一夜でした。
小痴楽はかなりのプレッシャーを感じていたようですが、若さあふれる元気な高座で客席をわかせました。今、最も勢いのある二ツ目の一人として存在感を示したと思います。
萬橘と桂文治も場内を大きな笑いで包みました。
文治の「親子酒」には酒の肴として塩辛を勧められた父親が「ユズをおろし金で擦(す)って塩辛にかければ風味が増す」と語るくだりがあります。このような豆知識は実用的でもあり、噺にいろどりも添える、うれしい工夫です。
トリの入船亭扇遊は十八番の「花見の仇討ち」を口演。鮮やかに映像が浮かび上がるとともに風格も感じさせる名演でした。

●2017年5月6日(土)  第百七十六回 開場15周年 玉置初代館長リスペクト公演 リクエスト落語会
三笑亭夢花「船徳」三遊亭吉窓「高田馬場」《お仲入り》三遊亭圓馬「妾馬」 金原亭馬生「井戸の茶碗」 ※出演順

玉置宏前館長の功績をたたえて、第百回公演で行った「リクエスト落語会」を再現しました。
各演者が提示した五席の中からお客様の拍手の量で口演する演目と出演順を決めるというものです。
柳亭燕治が体調不良のため、代演を三遊亭吉窓がつとめ、「鼓ヶ滝」「阿武松」「高田馬場」「一眼国」「蒟蒻問答」の中からお客様に選んでいただきました。
決定した四人の演目と出演順は次の通りです。
三笑亭夢花「船徳」、三遊亭吉窓「高田馬場」、仲入り、三遊亭圓馬「妾馬」、金原亭馬生「井戸の茶碗」
笑いと人情にあふれた熱演が続き、各師匠の持ち味も見事に発揮されて変化に富んだ公演となり、場内に心地よい空気が流れました。お客様からも、ぜひ再演をという声をいただいております。時期を見て、再び催しますので御期待下さい。

●2017年6月3日(土)  第百七十七回 夏の名作特集
柳家三語楼「ちりとてちん」 三遊亭圓丸「いが栗」《お仲入り》三遊亭遊之介「かぼちゃや」古今亭志ん彌「質屋蔵」 ※出演順
「一味変わった怪談二席と夏の味覚? の噺二席」という趣向で夏の名作を楽しみました。注目を集めたのが三遊亭圓丸の「いが栗」です。
宿泊先の娘が病にうなされているのを見た男が辻堂で唱えごとをしていた、いが栗頭の坊さんが怨念を送っているのではと気づき、坊さんに「あの娘は死んだよ」と伝えます。途端に坊主は白骨になり、娘は元気になったという不思議な内容です。この坊さん、娘への執着だけで生きていたのでしょう。もしかしたら、とうに死んでいるのに執念によって姿が見えていたのかも知れません。この点について、落語では詳しい説明がされていません。不親切に思う方もいるかも知れませんが、聴き手の想像にまかせるという精神が落語にはあります。
演者の考えを強制するのではなく、観客が自由な想像を楽しめるところも落語の魅力の一つです。

●2017年7月1日(土)  第百七十八回 江戸落語、上方落語聴き比べ<江戸編>
三遊亭兼好「野ざらし」 三遊亭金時「大山詣り」《お仲入り》立川生志「反対車」桂小南治「そば清」 ※出演順
関連する演目を八月十一日の「上方落語会」で演じ、東西の落語の演出の違いを味わっていただこうと「江戸落語・上方落語聴き比べの会 江戸編」を行いました。
「同じ日に東西両方の落語が聴き比べられたら」というご意見もいただきましたが、同じ趣向の演目を続けて演じても盛り上がらないという理由から演者が敬遠しますので、このような企画となりました。
三遊亭兼好の「野ざらし」は笑いもりだくさんの一席。サゲも独自のものでした。三遊亭金時の「大山詣り」はおおらかさが感じられる爽快な味わい。立川生志の「反対車」は巨体を激しく動かしての熱演で客席をわかせました。桂小南治の「そば清」は中学生時代の弁当の逸話を盛り込むなど随所に笑いが散りばめられていました。四人の個性が相乗効果を表した一夜でした。

●2017年8月5日(土)  第百七十九回 三遊亭圓朝作品特集

ページトップへ

Copyright © Yokohama Nigiwai-za. All rights reserved.