横浜にぎわい座は、落語、漫才、大道芸などの大衆芸能の専門館です。

文字サイズ

閉じる

Home > 公演のご案内 > 開場十五周年記念 第百七十五回  にぎわい座 名作落語の夕べ

にぎわい座で公演を観る

開場十五周年記念 第百七十五回  にぎわい座 名作落語の夕べ

横浜にぎわい座4月興行

毎回企画性のある公演を行い、前売り開始も一ヶ月早まりました。入場料も改訂しています。古典落語の名作を四席たっぷりおおくりいたします。

月 日
2017年4月01日(土)
時 間
18:00開演(17:30開場)
ホール
芸能ホール
料 金
全席指定 3,100円(仲入り後割引2,000円/仲入りは19:15頃より)
出 演
三遊亭萬橘「代脈」
桂文治「親子酒」
《お仲入り》
柳亭小痴楽「幇間腹」
入船亭扇遊「花見の仇討ち」
※出演順
内 容
約2時間半の公演です。仲入り後の二席だけ割引でお楽しみいただくこともできます。4月からリニューアルをしておおくりいたします「名作落語」。今回は「人気二ツ目 抜擢出演」ということで、柳亭小痴楽が出演し、たいこもちの悲哀を描く「幇間腹」を演じます。また五代目圓楽一門会も初めて加わり、三遊亭萬橘が、名医の代わりに往診に行った男の失敗談「代脈」を演じます。この他、桂文治は酒飲みの親子が主役の「親子酒」、入船亭扇遊が花見の席での騒動を描く「花見の仇討ち」を演じます。

チケット購入】横浜にぎわい座(チケット専用045-231-2515)

Pコード : 456-407

Lコード : 39604

フリーワード検索

ページトップへ

Copyright © Yokohama Nigiwai-za. All rights reserved.